kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません?悪しからず。

死の「戸際」を思って、自分確認!

f:id:kokorobukuro:20161029144304j:plain
家族、知人に限らず多くの方々が
毎日この世を去って逝きます。

大往生もあれば、
生まれてまもなくの死もあり、
心ない他人に強制的に奪われたり、
自ら命を絶ったり・・・

ただし、
人は、例外なくやがて死を迎えます。

その「戸際(とぎわ)」に、何を思うのでしょう?

眠るように意識を失うだけなのでしょうか?

せっかくなので、
「自分」で死の戸際をシュミレーションしてみます。

1 先ずは「モノ」
バイクも自転車も、アウトドアグッズや書物
私が居なくなった瞬間に意味を失うものがほとんどですね?
衣類なんか、元値はどうであれ全部ゴミですな。
あ、今ならミニマリストの気持ちがわかる!
2 家族
まだ子供が未成年なので、経済面は多少不安ですね。死亡保険も山ほどはないので。
3 遺体・埋葬
お墓に対するこだわりはなくなりました。
かえって場所に固執するのは忍びない。
「散骨」みたいな、自然界に戻すのがよいですね。
私を知っている方々がいるうちは、お盆にでも
みんなでワイワイやってくれたら嬉しいですね。
4 後悔
やっぱり、死を目前にすれば後悔はありますよね。
〇 欲しいもの買っとけばよかった?
いや、モノは自分の体ですら持って行けないし・・・
所有は結局自己顕示欲だけだし、特にないな。
〇 女性とのお付き合いは?!
確かにワクワクするけど、
そんなに器用ではないから、不倫とか無理
性欲の部分は、あることはあるけど、
人生の中で後悔ほどではないな・・・
〇 友達交遊
一人でも全く不安がないので問題なし。
〇 食べ物
「美味しい」も追及したいけど、最近、
お粥に、しそ昆布でも十分満たされる。
おなか一杯になれば、中枢は満足するし、
デブにはなりたくないな。
〇 家族
それは沢山ありますよね~
ただ、あまりにも沢山ありすぎて、
結局、いつまでたっても死ねないじゃんって!
だから、
奥さんにたいしては、ごめんねーって。
ありがとーって。だけだし。
子供達には、
俺の子供でいてくれてありがとーって。
人の道から外れるなよーって。
幸せに生きろよーで終わりかな?

おや?
もっと沢山の後悔が出るかと思ったら、
なんだ、手詰まりだな、こんなものか?

でも、うすうす気がついているんだ。
今日の書き込みを終息させるための「結言」は
すでに決まっているって。

死の戸際のシュミレーション、おわり。

多くのことを望んでも、
体は一つ。
時間は有限
そして、今日は今日しかない・・

後悔することを、
それは、
一日一日を丁寧に生きない事
打算的に過ごすこと
暇だと思って過ごすこと。
他人の価値で過ごすこと。
無駄だと「思って」過ごすこと。

結言
幸せは、「今」このとき。
それに気づければ、
「今」この世を去っても後悔しない。

さて、部屋の整頓でもしようかな?