読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません🎵悪しからず。

自分の気持ち


f:id:kokorobukuro:20170217060933j:image

まるで、冷たい池に落っこちたみたいに

現実的?な思考が次ぎつぎと沸き起こる。

 

何があったわけではない。

ただ、お酒を飲みすぎただけ。

 

日常の行為が、

やらなければいけない事に変換されて、

不安な気持ちをもたげる。

 

よかった。

 

気づいていなかったら、

他人の作った価値観と言う呪縛に

またつかまるところだった。

 

お気楽?

楽観主義?

なにも考えていない、能天気?

現実逃避?

自堕落?

無計画?

 

この分離された世界・物質社会から見たら、

僕が知っている世界はそんな風に見えるのかも知れない。

 

努力の必要性や経験や我慢は、

一見僕を次の世界へ進むために必要なステップだと思っていたけど、

悲劇

努力

経験

教訓

ルール

恩師

我慢

成功者の物語に至るまで、

すべては「わたし」には関係ない。

 

それは、人間が、他人が作った価値観だから。

 

僕は僕であればよい。

 

同じところだけ拾えばよい。

 

ただし、それらの価値観も否定はしない。

ただあると認めるだけ。

 

よかった。

この世界の仕組みに気づく事が出来て。

 

今は視点の真ん中で両方を見ている。

 

今まで楽しいと「思わされていた」

様々の価値観が、

今の自分には、少しも魅力にうつらない。

 

ただし、

無駄な時間であったとも後悔も否定もしない。

 

走り回った思考や、もたげていた不安は、

あるべき場所に納める・いてもらう。

 

僕にはそぐわない物事も、他者には必要な事だから。

 

様々な出来事を、

わざと不安に感じることも出来る事を知った。

 

スゲー、

色んな方々が発した言葉は、すべてここに繋がっている。

 

みんなの言っていることは、すべて正しかった。

でも、全部が正解でもなかった。

 

正解は「自分」の中にあることだけ。

 

両者を知ることで、本当の自分を知りそれに寄り添う。

 

良いのかな?俺だけ気づいて。

 

まぁ、これだけ気づいていながら、

行動はしていないんだけどねww