読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません🎵悪しからず。

あの日の僕は・・・


f:id:kokorobukuro:20170418012639j:image

BUMP OF CHICKENの歌に、

「R.I.P」と言楽曲があるのですが

その歌詞のなかに、

 「地球で一番 幸せだと思った

あの日の僕に 君を見せたい。」

と言う歌詞があります。

 

昔も幸せであったであろう過去の自分に対して、

今、彼女(?)がいることを自慢したい!

それほど素敵な出会いをしたんだよって、

彼女(?)に対する感謝なのかな?

そんな解釈を勝手にしているのてすが、

今日は朝からこの音楽が頭から離れず、

それと併せて、

今の僕は、そんな気持ちを歌えるのかなと。

 

かみさんには感謝しています❤

 

ただ、過去を思う時、

どうしてもいくつかの後悔に似た、

何となく切ない思い出に触れるのです。

 

「過去の自分」に対して、

僕は今の自分を自慢出来るかな?

 

まだ、あの頃の思いを達成出来ていないのではないのかな?

 

そもそも、あの頃の僕は何を望んできたのかな?

 

過去を思うとき、

今の時間をお座なりにしているとも感じます。

 

思いではあわく切ないけれど、

自分自身が自由に出来るのは今しかない。

 

ふと、そんなことを思った一日でした。