kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません?悪しからず。

少し分かってきた。


f:id:kokorobukuro:20170725004423j:image

欲しいモノ(水筒)を買った。

以前から欲しかったモノ。

5000円程度

 

今までは「高い」と思って買わなかった。

 

どこかで、

「もったいない」

と思っている自分がいたから。

 

これを持つことで、

「カッコいい」と、「他者に思われる」

自分を想像してました。

 

ちょいちょい居酒屋で酒を飲んだり、

みえで他人に小銭をおごるような事をしていながら、

そんなお金は出すことが出来ても、

購入には至らなかった。

 

購入出来た理由は簡単、

カードの「ポイント」みたいなのがたまったから。

ちゅうちょすることなく購入した。

 

果たして「モノ」は手にすることが出来た。

夢が叶ってしまった。

なんの努力もせずに。

 

これ。

 

そうなんだ。

僕が願っている「夢」

たわいもなく、叶う。

 

夢?

 

多くの方が望まれる「夢」とは物欲、性欲?

そんなもの。

そうなんだ。

 

たわいもない。

いわゆる「夢」など、

ほとんどが所有欲ではないか?

特に「他者からの評価」ね🎵

 

でも違うよね?

モノでは、心は満たされないんだよ。

 

たぶん欲しいのは

その過程・プロセスでしょう?

その時の感情でしょ?

手に入れるまでの様々な経験・制限・努力、

他者からの評価、名声・・・そして

所有することで得られる優越感・達成感

 

しかも、物欲は簡単に達成出来て

欲求」が満たされることを知っている。

 

そうならないように、

簡単に夢が叶わないように自らを制限し、

ルールを作り、

協調を重んじ、

ハードルを上げる。

そして、すごい達成感を得る。

 

で、

何が得られた?

何も変わらないでしょう?

次に欲しいものが思い浮かんだだけでしょう?

 

そうね、

一見、楽しそうでワクワクする。

 

でも、どうせ しぬん だよね?

 

ほら、分かってきたでしょ?

この世の仕組み。

 

「夢」なんてカッコつけてるけど、

いわゆる「欲求」でしょ?

 

僕が今思い付く「夢」なんて、所詮物欲

雑作もなく叶います。

その事には、実は気づいています。

 

本当の「夢」をごまかしているんです。

今の地位や生活を変えたくないんです。

おっかないんです。

死ぬのも嫌なんです。

現実から目をそらしているだけなんです。

そして、

信じきれていないんです。

世の中に「不安」なんてないことを。

 

 

「モノ」の話し


f:id:kokorobukuro:20170709135647j:image

すでに、有り余るモノに囲まれながら、

今だ、つきることのない物欲

 

地上の物質を英知をもって生み出された

数々のモノ

 

そしてその所有により、生活の利便はもとより、

自らの地位を格付けする事も。

 

所有する優越感

安心感

モノとは区別するべきだが、ペットや観葉植物もその域か?

 

命を守るモノ

人の機能を助けるモノ

生活を支えるモノ

心を豊かにするモノ

 

そこから見える人の営みは、

なんて無駄で、尊いんだろう。

 

できれば、下着の一枚まで手放して、

本当に必要なモノを丁寧に選びなおしたい。

 

その思いには、

今の自分・現状に満足していない事がうかがえる。

 

午後になって、ふと

すべてのモノが尊いと感じた反面、

すごいゴミを産み出したものだとあらためて感心した。

夢のような。


f:id:kokorobukuro:20170708202331j:image

はじめて手にしたゲームはなんだったろう?

叔父さんに買ってもらったやつ、

液晶でもないやつ。

 

そのうち、ゲームウオッチとか出てきたな。

 

特にゲームにはまるわけでもなく、

我が家にはファミコンもなかったな。

 

時の経過のなか、

今や、多くの人が

スマートフォン」を持つ。

 

誰も想像出来なかったね。

 

会話のみならず、多くの人と情報を共有する。

 

スマートフォンだけでなく、

多くの文明がいちじるしい発展をとげた。

 

多くの先人が「未来」として想像した世界を

あっという間に越えてしまった。

 

そうね、

ドラえもんと、ガンダムと、

バック・トゥ・ザ・フューチャーは、もう少し先かな?

 

戦争も知らない。

飢えも知らない。

 

先人たちの夢は、いま叶えられている。

 

ありがとうございます。

 

 

期待に胸をふくらませ・・・


f:id:kokorobukuro:20170708130638j:image

「わくわく」します🎵

夢が叶う瞬間まで。

 

物欲、

恋愛、

なにかでの勝利

目的の達成・完成

 

そして、訪れる「虚無感」

 

悲しみもそうであるように、

喜びも持続しません。

 

それは、目的の達成とともに薄らいで行きます。

他者からの賛美

経済的な充実も。

 

そして、新たな欲求

 

僕を満たせるものは僕しかいない。

 

いろんなものを身につけて、

着飾り、取り繕うことで、

本当の僕の姿は見えなくなります。

 

鏡に自分を写しても、

そこには僕は写らない。

 

今あるモノに目をむけよう。

 

今からは、余計なモノを手放して行く。

「わくわく」しますね🎵

 

 

不安収集

珍しく不安で眠れなかった。

 

でも、わかってる。

実は不安なんてない。

人(自分たち)が勝手に決めたルールで、

わざわざ「不安」な状況を作り出しているだけ。

 

 そもそもこの世のなかに、不安は存在しないのだけれど、

「光」の対極に「闇」があるように、

「幸せ(安心)」を知るために、

「不安」な状況を必要としている。

 

基本は、安心しかない。けれど、

それを確かめるために、不安が必要

 

そう、

「不安はない。」と知っていれば、

そこにあるのは「感謝(安心)」だけ。

幸せに身を沈める。


f:id:kokorobukuro:20170614083320j:image

ちょっとした体験をしました。

 

疲れていたんでしょうが、腰も痛くて。

お風呂を沸かしながら、

ちょっと横になったら寝てしまいました。

 

そのときの心持ちなんですが、

やること、やりたいことが沢山あったのだけど、

なんだか、どうでもいいや~みたいな、

もしくは「今」の自分には関係ないような、

無視とも違い、安心の中に居るような。

 

結局、そのまま朝を迎えて、

それでも、その時の過ごし方を後悔するわけでもなく。

 

人は夢を求め、理想を描くでしょう。

やがて老いるでしょう。

やがて死ぬのでしょう。

 

何も無いのだけど、幸せです。

 

そう、既に幸せの中にいるんです。

ほっと、自分回帰


f:id:kokorobukuro:20170603074626j:image

パタパタしてたな。

 

無理に自分を作っていたな。

 

ふりかえれば、余裕・無駄な時間ばかりだったかな?

 

仕事は、ほんと試されているなーと。

まだ僕が未熟であるってこと。

 

「やること」

「やらなければならないこと」

「居る場所」

「責任」

があることは、幸せな事なのだろう。

 

反面、それらを負担に感じ、

足かせとなっていることも事実

 

「心穏やかでいられる場所」ではないな。

 

駆け引きや、しがらみや、ジャッジ、経済・・・

 

僕自身、心の置き方が大事ととなえながら、

自らの、不安を作り出していた。

 

やらなければならない事なんてない。

過去も未来もない。

不安なんてない。

 

今日からお休み

少しゆっくりすごそう。