kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません?悪しからず。

どっぷりと現実にひたる。


f:id:kokorobukuro:20190518105731j:image

職場のイベントで少なからず忙しい状況が続いた。

 

結果、ミスの連発

業務に心を奪われまさに忙しい「心を亡(うしなう)う」状態

 

平素なら、家(社宅ですが。)に戻り、

全く自分に戻る時間があったのですが、

良かれと思い、一週間連続で職場に宿泊

 

今思えば、そもそも無理があったのですが、

そのときは「他」に自分を合わせようとやっきになっていました。

 

結果、突然の目眩

やっぱり無理があったんですね。

 

今は、もったいないほどの自分回帰に時間を当てています。

 

まあ、わかっているつもりでも、

すぐに現実に引き戻されてしまいますね。

 

これも、知る機会なんですけどね。

働くとか、人生とか・・・



f:id:kokorobukuro:20190512234040j:image

 僕の職場は過去に学び、未来に備えることを一義とする組織です。

生産性はほぼありません。

 

公務員であるため、一定の賃金は毎月支給されます。

経済的には平均以上の恵まれたお仕事だと思います。

 

そんな環境にも関わらず、最近なぜか仕事にやりがいを感じません。

 

時間に追われることや、時間を浪費するだけの業務等に飽きてしまったのかもしれません。

 

ではそんな僕に何が出来るのか?

「何にも出来ません。」

 

今、漠然と感じるのは

もう、シャカリキに仕事をする必要は無いのではないか?と言う思いです。

 

幸い僕にはふるさとがあります。

家族が集える空間と、先人が残してくれた土地が沢山あります。

 

春夏秋冬、晴耕雨読

 

「生きる。」として、

最低限の収入があれば十分なのではないかと思い始めています。

 

するとそこに、現在の生活水準との比較や、

子供の成長、親の介護など、「不安」に近い感情が頭をもたげて来ます。

 

数年経てばもらえるであろう退職金が脳裏を横切ります。

 

そして自分に戻ります。

「幸せ」とは、なんなのでしょう?

 

あまりにも整い過ぎた生活に慣れすぎて、

握っている手を開くことが出来ません。

 

 

 

 

 

 

本当に望む事


f:id:kokorobukuro:20190430114918j:image

間もなく平成も終わり、令和 を迎える。

そんな今日は特別な時間が訪れるとのこと。

 

奥平亜美衣さんのブログから、

【引用】

深層心理が表に顔を出し、
いきなり本心を叫びだすといったことがあるやもしれません。


奥から出てくる本心と、

その本心からの叫び・願いを結実へとつなげるミラクルを起こす。

 

今日という日はある意味、

皆さんの眼前に未来へマルチパスが開かれる日なのかもしれまん。

 

あなたの未来を想像してみてください。

どういう風になりたいですか?

何をしていたいですか?

どんな自分でいたいですか?

あなたの傍には誰がいてそれはどんな人ですか?

 

・願うものは実はかなり程遠かったとしても、
・ほぼ実現不可能なレベルのものだとしても、
思い次第では救済のハシゴがかけられたり、
結願の彼岸への橋がかけられたりするかもしれません。

ただそのためには願いの所在や、本音を明らかにすることが大事です。

 

何を望むのか?

未来はどうありたいのか?

しっかりと内なる対話を重ね、

”未来の自分の像”を固めておきましょう。

そしてリストを作ったり、

ヴィジョンを明確にしたあとは、

引いた後のおみくじを神社の木の枝等に結ぶように、

願いを天に流してしまいましょう。

 

【以上】

 

僕は、

僕の望みはなんだろう?

 

拘束されたくない。

他者に与えたい。施(ほどこ)しではなく安心

あらゆる欲求を満たしたい。(これなww)

心、穏やかで居たい。

安心の内に居たい。

 

承認欲求、

自己顕示欲

物欲、

睡眠、

性欲、

食欲

 

そんな事を考えていたら、

一階から、昼食が出来たとの声がけ。

 

ありがとう。

僕は「今」幸せのなかに居る。

「今」感じること。


f:id:kokorobukuro:20190425054327j:image
仙台に行かせてもらって自分に関心を持てる時間を沢山もらえた。

そこから沢山の気付きの機会を経て、

今、感じることは、

「今」幸せであるということ。

 

書物やSNSに限らず、沢山の真理が日常にあって、

それに気付くことで、「あぁ、大丈夫なんだ。」と言う安心を確認している。

 

安心を体感するためには不安を知らなければならないので、当然、不安なことは起きるのだけれど、

結果、それらがワンパックとなって「幸せ」を体感する。

 

また、「思い」は具現化されることも事実で、「想像」は「創造」だと感じている。

 

それも不思議なことに、

こうなったらいいなー、と思ったことが、

自らの努力や行動以外の方法でポンともたらせる事が普通にある。

 

今までは、「不安」を体験しないと「安心」を体験出来なかったのだけど、

今は波こそあるけれど、ほぼ安心の中に居られる。

 

そもそも、世の中は安心なのだけど、

自ら不安な材料を集めてしまうように教えてられて来たからね。

 

ちょっと反省しているのは、「行動」の部分をおざなりにしていること。

 

何をしていても安心して居られるのだけれど、

まだやれることは沢山あって、そこから意図的に目をそらしている自分が居る。

 

物欲などは顕著な例で、手放せるものが沢山あるのにすぐに新しいものを手に入れようとする。

ここは反省しないと。

 

歳を重ねて身体も変化してきているので、

これも行動で改善できることが沢山ある。

 

人のタヒから目をそらしているのも、少し意図的

 

ただ、1日24時間、穏やかな心持ちで居られる時間はかなり長くなった。

 

今、持っているもので満足出来るようになった。

 

奥さんを尊敬できるようになったww

 

起きてくることを受け入れられるようになった。

 

遅刻しなくなった。

 

雨に濡れなくなった。(雨が嫌でなくなった。)

 

「努力」と言う表現とはちょっと違って、

なりたい自分を思って、

今出来ることをすべてやって、

あとは「ゆだねる」だけ。

 

過去に「不幸」と感じることを沢山経験したけれど、

結果それは、知らないことを知る機会

 

と言うより、「世の中はそもそも安心だよ。」ってことに気づかせる機会だった。

 

これは過去の歴史にも言えて、

戦争や犯罪を経験する事で、いろんな事を知った。

 

あまりにも現実が強すぎるので、事象に心を奪われるのだけれど、

そんな時こそ自分に立ち返る。

呼吸を整える。

 

既に安心の中に居ることを思い出す。

 

静かな水面を思い浮かべて、そこに景色を写してみる。

 

そんな感じ。

 

そろそろ、周りも動き始めて来たね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑感


f:id:kokorobukuro:20190311093127j:image

春はわくわくする。

雨もよし。ながめていたい。

 

全てを捨てて、一から作り直したい。

若く、

聡明で、

穏やかで、

美しく、

優しく、

強く。

 

みんなと、ゆっくりと過ごし

価値観を共有したい。

 

恐れなく、不安なく、安心していたい。

すでに全てを持っていることに気づく。

 

あたたかい中に居たい。

 

自らを知るための世界

 

 

 

 

 

 

 

欲求のその先



f:id:kokorobukuro:20190311091122j:image

「欲しい。」

 

何が欲しいのだろう?

 

自由な時間

名誉・名声・人望

性欲

富・経済的余裕

健康・体力

能力

容姿

安定・安心

好奇心・刺激

休息・睡眠

正義(敵・悪)

達成・満足

 

今、部屋に居るのだけれど、

全てがある。

 

大人になって、

幼い頃の夢はほとんど達成した。

 

ただ、そんな思いの片隅に「後悔」見たいなモノがある。

取り返しのつかない、

戻ることが出来ない物事

 

やがて目覚めるであろう、この営みで

まだ「後悔」することがあるのであれば、やりなさい。

 

人は、この世に経験するために生れた。

 

全ては大極

 

ある・ない

 

こんな幸せがある。

こんな幸せにある。

 

いつか、目覚めるそのときまで

「今」を味わいつくす。

 

 

 

 

何をしたいのか?



f:id:kokorobukuro:20190116060732j:image

何をしたいのか?

しばらく考えてみたら、そのほとんどが物欲で、

その延長には、達成感や自己顕示(自慢)があった。

 

加えて、物欲の達成とその環境を維持するには、生活とか、「いとなみ」が必要だと。

 

僕の場合は、今の収入源を基軸とした趣味的な世界でこれをとらえていて、

結果、何かを犠牲にして何かを手にいれるタイプになるのでしょう。

 

ほんとうの理想は、日常から好奇心のおもむくままにその世界に浸りたいのだけれど、

「いとなみ」が想像出来ない。

 

ここなんです。

 

目先の小さな物欲程度しか、僕は自分を創造出来ない。

結果、気付きとか、引き寄せとか、

僕の思考の範囲では十分に達成しているのだけれど、

日常とか「いとなみ」については、

今のままで良いと思っている自分がある。

 

もう、既に夢はかなってしまっているんだね。

 

ずいぶん老けてきたけど、まだ創造出来ることがあるよね。

 

せっかくだから、もう少し自分に関心をよせよう。