kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません?悪しからず。

願いは叶う・そして、どのように伝えるか?


f:id:kokorobukuro:20200801081823j:image

お仕事の関係で、まあまあの人数の方々に対する教育を行う。

 

あぁ、またお想い(願い)が叶いそうだ。

 

自身の成長において、「教える」と言う行為は飛躍的に成長をうながす。

 

「教育」は、「共育(ともに育つ)」だと思っている。

 

しばしば、一方通行の教育に出会うけれど、(担当が悦に入ってしまう教育や、

ただ単に、資料を読み上げるだけの教育)

 

出来れば、双方向でお互いを高め会う教育が望ましいのだけど、対象者全員の興味・賛同を得ることは先ず無理だろう。

 

気を付ける事はいくつかあるけれど、大事な事はひとつ、

「どのような感情で伝えるか?」

 

相手にへつらってはダメ

自己中心的でもダメ

高圧的など問題外

 

穏やかな心持ちで、

自らが幸福の中にあって、

溢れる多幸感を分け与えるような・・・

 

あまりスピを出さないように、気負いしすぎないように教壇に立って見ます。

願いは叶う・そして、どのように伝えるか?


f:id:kokorobukuro:20200708182313j:image

 

日常をおえて、

「今日はツイていたな。」とか、

「ラッキーだったな。」と、思える事がある。

 

そして、その思い・感情はそこで終わる。

 

あいや、またれい!!

 

それは凄い事なのです。

 

自分の意思をもって、努力・行動で結果が判ることも数多くあります。

 

でも、

「想像以上」の出来事に出会えたら、

それは真剣に検証する必要があります。

 

検証項目は一点

「自分はそれを望んでいたか?」

 

身近に起こる小さな「ラッキー」

 

もしかしたら、それは、自ら望み演出し、夢を叶えた瞬間なのかもしれませんよ。

断言します。



f:id:kokorobukuro:20200603125628j:image

こちらのブログは、他のブログに比べてやや、すっとんきょうな内容なので、更に片寄ったブログにして行きます。

 

先ずは、「ワンネス」と表現されるような万物の元はひとつで、それは「無」であること。

 

そして、この世に存在するモノ全ては、結果、そのひとつに帰属し、知るために、経験するために創造したモノ

 

今、その経験が更に加速し、過去に経験し輪廻(?)した者が、更にその経験を次のステップに進めている。

科学とスピリチュアルと哲学の目的が同じモノになり、やがて、全員が思い通りにこの世を創造出来るようになる。

 

「時間」に拘束され経年して行くこの現状も、

そもそも、時間などと言うと概念すら間違っていることを知る。

 

あぁ、タヒぬ前に、この世を去る前にもっとその真理に触れたい。

願いは叶う・そして、どのように伝えるか?


f:id:kokorobukuro:20200520102417j:image

「今」幸せの中にいる。

 

無理やり言い聞かせているわけではないよ!

 

もちろん、探せば不安に感じることは沢山ある!

身体は経年してるし、髪は薄くなる、

親は老齢、自宅のメンテナンスも必要だし。

実家は全く手付かず状態

コロナ禍で草刈りにも行けていない。

職場では相変わらず、「やらなければいけないこと。」が、山積で、そこから派生する負のスパイラルはとりとめがない♪

 

でもね、結局幸せなんだ。

 

先ず、「不安」って感じたら手放す事が出来るようになったんだ。

(責任放棄とは違うんだよ。)

 

あと、自分が関心の無いことは手を出さない? 言葉、難しいな。

やっぱり「ゆだねる。」が、しっくり来る。

 

そして「不安はない。」と、原点に戻る。

 

つい思考の癖で、

すわ、一大事!みたいに何でも大袈裟に、自分の存在をアピールするかのように負荷を与えてしまう。

 

手を抜くのではないんだよ。

でも結果、楽なんだよね。

 

気楽、穏やか。

 

お試しでいいんだけど、

① この世は、事象は自らが創造している。

② そもそも不安はない。

③ 自分に関心をよせる。

④ 信じてみる。

 

やって見て欲しい。

 

お金はかかりません♪

あわなければ、やめれば良い。

 

選択することも自由なので。

願いは叶う・そして、どのように伝えるか?




f:id:kokorobukuro:20200514104217j:image

つらく、悲しい事を経験する。

理不尽で、煮えるような怒りを感じる。

やるせなく、修復の仕様がない後悔を反芻する。

 

他人の評価に右往左往し、

他人が達成した偉業を尊敬したり、やっかんだり・・・

 

ホントにすっかり忘れてしまっている。

自分は何でも出来ると言うことを。

 

しかも、それは努力とか苦労ではなく、雑作もなく叶えられることを。

 

この世の中は、すべてが対極に存在しています。

例えば、

「寒い」の対義として「暑い」とか、

「うるさい」の対義語に「静か」とか。

すべては知るために。

 

そう、「知るため。」

 

知ることが、出来たならもういいんです。

今のその感情を得るために準備したストーリー

 

まだ知りたいと求めるのであれば継続すれば良い。

 

もう、知り得た・学べたのであれば手放せば良い。

 

つらく、悲しい気持ちを体験したい人は少ないと思う。

 

そんな感情は経験出来たならすぐに手放して。

今の自分に過去の出来事を続けさせないで。

今の自分には今しか出来ないことを経験させて。

 

そして、心穏やかでありたいのであれば、

心穏やかでいる自分を創造して。

 

すべては思いのままなんだよ。

 

 

 

 

願いは叶う・そして、どのように伝えるか?


f:id:kokorobukuro:20200513050810j:image

「願いは叶う。」

幾度となくこの言葉を聞いて来たでしょう。

なんて耳障りが良くて、ワクワクすることか!

そして、

多くの方々が「叶わない。」と、思っている。

 

大丈夫なんです。

僕も、やっと数分前に確信しました。

どのように伝えましょう?

 

まず、「夢」ですが、

物欲とか恋愛とか、生活が満たされる事が「夢」ですよね。

または、世界平和とか、何かの達成を「夢」と、する方々が多いと思われます。

 

ただし、人類(言い過ぎかな?)共通の夢は、ひとつ、「知ること。」なんです。

これが、ひとつの答えです。

 

そう、多くのかたが「?」でしょうね。

知ることが夢

 

そして、夢は、今叶っている。

 

息をすれば、目を覚ませば、

もう、既に夢は叶っているんです。

 

多くの人達は、物欲・経済の充実、

社会的地位などを求めて日々を過ごしているでしょう。

残念ながら、それは本当の夢ではないかもしれません。

 

わけが分からなくても良いです。

「今、私の夢は叶っている。」と、思って見てください。

難しいですか?ですよね?

 

でも、僕は夢が叶っています♪

 

僕も今までは、無理やり理解しようと「努力」していました。

でも、その努力は違いました。

なんて言うか、他人の価値観に流されていたんですね。

 

まだ、「勇気」が身に付いていないので、すぐにこの生活を代える事はしません。(そう、ここは、「しません」だな。)

 

この先、どのように変化して行くか?

それとも、していかないか?

または、同じところをぐるぐる回るのか?

 

少なくとも昨日の僕よりは真理に近づいています。

 

また、教えてあげます。

 

 

経験するために創造した世界


f:id:kokorobukuro:20200411153822j:image

 

夢や希望を叶えたい。

誰しもが思い、願い、試みます。

 

しかしながら、そのほとんどが叶いません。

いえ、かなっていないと思っていました。

 

でも、それは思い違いでした。

 

簡単に言えば、

「願いが叶わないように願っていた。」のです。

 

一番身近なのは「お金」でしょうか?

お金が欲しいと誰もが望んでいました。

心のそこから、枯渇していました。

すると、お金が無い状況が継続しました。

 

ある時、「お金」があることに気付きました。

あれも、これも不自由なく満たされていました。

すると、お金に困らなくなりました。

 

ただ僕の心根には、まだ物足りない思いが強くあるため、いわゆる大金は手にしていません。

でも、今欲しいと思うものは、全て手に入れられるくらいになりました。

なぜでしょう?

 

既に「有ること。」「満たされていること。」

に気づいたからです。

 

欲しいと、枯渇する願いを手放したからです。

今あるモノに感謝し始めたからです。

 

今、世界が大変な経験をしています。

そんな中でも、僕は満たされています。

兼ねてから思っていたことが、次から次へと叶っています。

 

不安なく、穏やかな心持ちです。

 

今は、「働く」事と「生きる」事と「生活」について思案しています。

 

僕がこの世界で、何を経験したいのか?

どのようにありたいのか、なりたいのか?

 

それが、僕のタヒぬまでの命題です。

 

#スビリチュアル

#生きること