kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません?悪しからず。

ブログ1周年

「心羽」を切っ掛けにはじめたブログ

他者の眼を気にしつつ、なんかいっぱい書きくだしたね🎵

 

「思いは言葉に。」

 

 

仕事をやめた!!

「仕事」をやめました。

と、言っても退職ではないんですよ

( ̄▽ ̄)ゞ

 

一日のうち、いや、一生のうちに、

「仕事」にささげる時間はどれ程でしょうか?

 

嫌な仕事、人間関係、期日・閉め切り

経済、休めない・・・

 

一昨日くらいにピークが来ました🎵

すごいストレス!

今にも辞めたい、バックレたい!

あれも、これもやらなければ・・・

あっ!あれも!

 

呼吸が浅くなり、体温が上がる。

明らかに焦っている。

やるべき事は分かってるのに、

他の事にてを出して・・・

 

過去にもあった嫌な思い出

その時は、靴がはけなくなって、

時計が時を刻んでいくのを目で追っていただけ。

2回目は、眠れなくなった。

被害者の僕

 

でも、今は違う。

世の中、全て大丈夫。

 

だから決めた。「仕事」はしない!

俺は、自分の意思で「人生」をやる。

人生の内のほとんどが仕事?

 

いえ、僕は僕のための人生を生きているだけ。

人生と言う名の超リアル体験ゲーム

 

そこに「仕事」と言うステージがあるだけ。

仕事がメインではない。

 

だから決めた。「仕事」はやらない。

 

以前とはまた違う、僕の中の時計が動き始めた。

 

感謝だよね。

悩みがある。

多くは、いつまでに何かをやらなければならないとう類の事

なぜ、悩みなのか?

面倒くさいから。

やりたくないから。

楽ではない・楽しくないから。

それが「仕事」

 

逃避したい、バックレたい。

と、思っているとだんだん言い訳を考えはじめる。

周りの責任にしてくる。

 

鬱々と、呼吸を小さくしていると

次から次へと不安の花が咲き始める。

 

そんなとき、自分に向き合う。

「今」は不安は無いことを知る。

多くの不安は起きないことに気づく。

 

すると、回りが動き始める。

いや、動いていることに気づいていなかっただけ。

 

電車に乗って、時計を見ながらため息をついていただけ。

外を見れば流れる景色が広がる。

電車は安全に僕を運んでくれる。

 

多くの人達がそれぞれの思いをもちながら

意図しないながらも、みんなを運んでくれている。

他者の願いを叶えてくれる。

 

僕は、僕の出来ることをやるだけ。

ただし、体の力をぬいて。

食い縛っている歯の力を弛めて。

 

「今」「ここ」で、自分に出来ることをやるだけ。

感謝だよね。

小さな勇気と行動

間違いなく「夢は叶う。」

夢が叶わないのは、僕も含めて行動していないだけ。

 

また、「夢」を勘違いしている方も多い。

何か高価なモノをてに入れたり、

社会的地位・名声を求めている方々は、

本当の「幸せ」について、自分を確認する必要がある。

恋愛でも物欲でも、それらをてに入れるまでのプロセスが一番楽しいはず。

 

結果、それらをてに入れてどうするのか?

自分は自分以外の何かに変わるのか?

 

たぶん、皆が手に入れたいのは、

幸福感、満足感、安心に類するもの。

 

今、多くの人達が手に入れたいと思っているのは、

他者が作った価値観

自分が本当に求める価値とは夢とは?

これに気づかないと、ずっと不足感の中に居続ける事になる。

 

もっと言えば、ほとんどの人達が夢を「お金」だと勘違いしている。

 

モラルやルールや経験が、いつの間にか足かせになっている。

 

さらに言えば、「今」既に夢は叶っている。

今、この状態にあるのは、過去に何らかのかたちで自分が望んでいたこと。

 

いつの間にか、自分はこの程度で良いと思っている。

 

他者に心を惑わされず、

自分に心をよせてその思い通りに心地よい選択をして行けば、夢は必ず叶う。

 

後は、過去を払拭する少しの勇気と、行動だけ。

 

 

僕のこと 2

兄と姉がいるけど、ほぼ一人っ子で育つ。

いわゆる田舎暮らしで、飲料水は山の清水

お風呂は薪で沸かす。

ヤギを飼っていて、乳搾りが日課

うんち(肥やし)処理が大変だった。

鶏とウサギもいた。

鶏はしめて食べた。

蚕(養蚕)もやってた。

ぽっとん便所で、肥えの汲み取りをやったこともある。畑にまいたね🎵

廃品のテレビとか拾ってきてばらして遊んでた。

モルモットを飼ってたけど、餓死させた。

近所のリンゴ園からリンゴを捕って怒られた。

火遊び(火悪さ)をして怒られた。

近所に秘密基地を作って、浮浪者が住んで居るのではないかと大騒ぎになった。

近所の沼でフナを釣ってた。エサはタニシ

人見知りで虚弱体質で泣き虫、人一倍よく泣いてた。

中学からニキビが増え始め、

ニキビつぶしが、ライフサイクルに。

運動は苦手だったけど、

なんとなく少年野球やサッカーなんかやってた。弓道もやった。

基本は、マンガ好きのオタクで、

真面目に漫画家になろうとも考えてた。

すぐに現実を知った。

 

父ちゃんはいわゆる日雇いみたいなもんで、

それでも子供3人を育て、家も建ててくれた。

増築した翌年に自ら命を絶った。

車の免許を取って、任意保険にも入って、

その翌日に事故った。

 

小学校の時は、2~3人好きな人が出来た。

中学校でも、2~3人好きな人がいた。

高校では、2人だったかな?

バス通学が楽しみだった。

 

お金はなかった。

でも、人並みの暮らしをさせてもらえた。

修学旅行は、鎌倉江ノ島、京都、北九州

 

高卒で就職、地元のスーパー鮮魚コーナー

始めての一人暮らし。

今思うとスゴくダサかった。

小銭を手にし、マンガやCDを買った。

バイクの免許をとって、始めてバイクを買った。

二年でスーパーを辞めて、今の職場に。

なにも努力した記憶はないが、それなりにキャリアアップさせてもらった。

中古のハイエースを買った。

いろんなところに行った。

結婚も出来た。

若い頃は遊んでばかりだった。

飲酒、ラーメン、バイク、レゲー?、自転車

時間をもて余してた。

なんか、虚勢をはってカッコつけてた。

 

自分の事はそこそこイケてると思ってた。

仕事に行き詰まった。心が乱れた。

 

「小さなことにくよくよするな!」

と出会った。

いろんな経験が出来た。熊本は良かった。

神奈川、新潟、埼玉、熊本、東京、千葉、宮城・・・

子供が3人、家も建てた。

単身赴任で自分の時間が出来た。

冊子「到知」に出会う。

教育は、「共育」であると気づく。

 

カウンセリングにはまったら、

斎藤茂太さんに出会い、

奥平亜美衣さんにも出会った。

心羽にも出会った。

雲黒斎さんにも出会った。

斎藤一人さんも知った。

そこからは、早かった。

エンジェルナンバーは笑った🎵

新たな価値観に出会えた。

 

自分は変わらないけど、心の置き方を学んだ。

 

僕は昔から変わらない。

出会ったもの全てが、僕に何かを教えてくれた。

 

今、ブログを書いている。

 

 

 

 

 

 

僕のこと

ただよってくる金木犀の香りが好き。

都会も好きだけど、田舎のほうが好き。

アウトドアが好き。

海も、山も好き。

女の子が好き。

お金は、好き。

車が好き。

ハイエースみたいな空間車両や、

スパルタンなピックアップや、

その気にさせるレーシーな車両、

ドレスアップカーに、エンスーも。

軽自動車の世界観

マツダの努力・・・

 

夜よりも、朝が好き。

ロードバイクより、オフロードバイクが好き。

Red Bull好き。

美味しいものが好き。

ご飯とお味噌汁、生卵でもごちそう。

マンガにアニメ、宮崎駿さんが大好き。

シュールなアニメも好き。

オチビさんは好き。

スポーツは、ファッションこ延長で好き。

どうぶつ、ペット何でも好き。

心理学、宗教、スピリチュアルが好き。

なにもしないのも好き。

 

ゴミを捨てる人苦手

相手にプレス・ストレス与える人苦手

所ジョージさん好き。好きなことやってるから。

今田耕司さん好き。空気を読めるから。

冬の静けさが好き。

秋の寂しさが好き。

夏の開放感が好き。

春の生命の息吹きが好き。

スキー、スノーボードが好き。

サーフィンの世界観が好き。

カリフォルニアスタイルが好き。

リンカラン好き。

古民家も好き。

小屋生活が好き。

雨が好き。

雪が好き。

雷が好き。

虹が好き。

満月が好き。

コーヒーは、缶コーヒーあんまり。

コンビニコーヒー好き。

お酒好き。

お酒の空間も好き。

焚き火が好き。

ストーブが好き。

火の香りが好き。

布団を干した日のかおりも好き。

おコタツも好き。

暑いのは苦手

寒いのも苦手

エッチなことも大好き。

工夫が好き。

暖かい布団のなかが好き。

お風呂が好き。

温泉が好き。

ラジコンが好き。

好きなアニメのフィギアが好き。

この時代が好き。

努力している人が好き。

日本が好き。

家族が好き。

 

自分が好き。

 

 

 

「今」と「生活」の話し。

今朝、思い流してたこと。

 

また、昨日の出来事を反芻(はんすう)して、モヤモヤと、記憶をトレース・・・

その思考の延長で、不安な未来を想像する。

 

その間、「今」と言う現実はおざなり。

アイロンがけはおろそかになり、

洗濯物も放置したまま。

ほら、まだ食器も洗っていない。

 

頭の中で湧きあがる苛立ちや不安は、

「今」この時を奪い去る。

おっとっと、またですか?

 

それに気づいて「今」の自分に戻る。

 

答えが欲しいな、

でも、答えなんてないんだろうな。

むしろ、全てが答えなんだろうな。

今、僕は何を欲しているんだろう?

物欲?いや、普通でいいんだ。

不要なモノはいらないんだ。

そう、「生活」がしたい。

生きるための活動

生きることへの原点回帰

余計な仕組みはいらないんだ。

「生活」がしたい。