kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません?悪しからず。

「あの世」と「この世」の話し。

f:id:kokorobukuro:20161029145122j:plain
日付をまたぐものつかの間、
朝から、ブロクの更新です。

誰かに見られるかも知れないというワクワク感と、
日頃、ぼんやりと繰り返される思考を
アウトプットするのが面白いです?

朝に思い浮かんだのは「マトリックス
キアヌ・リーブス主演の電脳世界を画いたアクション映画です。

マトリックスは、人の意識を人工的に作られた、
いわゆる「バーチャル」な仮想世界にすっ飛ばすというもの。

生身の体はほっといて、仮想世界で自由に暴れまくる!

あ、違うけど似てる。
私が居るこの世界は、宇宙(神)が精巧に作り上げた奇跡の世界

そこに生を受けたものは、
まるで、個々の目的を持った単一の生き物として
生涯をまっとうする。

その世界は有限で、
美しく、
奇跡的で、
残酷で、
暖かくて、
愛おしくて、
幼い。

死ぬことは恐怖で、
生きることにしがみつき、
時には時間にさえ抗(あらが)おうとして、
歯を食い縛り、
血の涙を流しながら死んで行く・・・

ここまでなんです。
私の知っている世界は。

「ただし、」こうだったら良いなと、私が思う・知ろうとする世界は、
「死は終わり」ではない。

キアヌが、後頭部からプラグを通じて現実に戻るように、
もといた場所に戻るだけ。

死んだら天国?地獄は?
わかりませーん。

ただ、言えるのは、
「天国」は、すべての悩みが叶います?
すごいですね!
思ったこと、
感じたこと、
すべてが、一瞬にして時間差なく叶います。

この「一瞬」がくせ者ww


例えば、「自動車が欲しい。」と思いますよね。
ただし、そこには、
「自動車を持っていない。」という前提が必要です。
所有していないから、手に入れたい。

では、何故車が欲しいの?
スピードを体験したい?
友達に自慢したい?
彼女とドライブかも。

大丈夫!ここは天国ですよ!
すべての願いは一瞬にしてかないます。
スピード、すでに自由に飛び回れます。
自慢したい?
みーんな、同じモノを持っています。
彼女?
すでに彼女とドライブは嫌と言うほどできてます?

あれ、その前にそもそも車って必要なの?
あれ、そもそもスピードで何を体験したいの?
あれ、彼女はなぜ欲しいの?一緒に居たいの?

我々が思う天国とは、
実はなんの変化も、怒りも、哀しみも
苦痛も、空腹もない世界

だから、宇宙(神)はこの世を創造し、
制限を与え、対極の世界を創った。

死があるから、生が輝き、
闇があるから、光りを知る。
暑い・寒い
悲しい・嬉しい
妬む・愛する

あらゆるモノを奇跡的に配列し、
すべての違いと己を比較することができる、
「道場」に同じ。

そこで学ぶのは、「どのように幸せになるか?」
だけ。

経済的な成功もよし。
麻薬の元締めもよし。
マザー・テレサのような献身もよし。
なにもしなくてもよし。

ただし、あの世とこの世に共通なこと
それは「時間」

残念ながら、
ドラえもんやバック・トゥーザ・フューチャーのような
過去・未来だけは存在しないらしい。

あるのは「今」だけ。

だから、多くの宗教や瞑想などの先駆者は、「今」に集中することを説く。

本当に「今」に身をおくことが出来たとき、
それがいわゆる「悟り」なのかも知れません。

自分の居た場所とつながる。