kokorobukuro’s diary

Soul Design 心羽さんのすすめで、自分を知る機会として思いを綴るものです。私以外の方にはなーんにも役に立ちません?悪しからず。

休日が終わる。

f:id:kokorobukuro:20170109072121j:plain
すごく充実したお休みでした。

後半には、
爆睡時間も頂き、これほど幸せなお休みはないでしょう。

いろんな時間が過ごせました。

義父との時間
家族との時間
兄弟との時間
ご近所との時間
自分だけの時間
一瞬の出会い

そして、老いてゆく母、叔父

私はどうなりたいんだろう?

物欲はすごいよ。際限がない。
性欲だってまだまだあります。
ただ、自分自身の老いも感じます。

ところが、
「世の中、思うがまま。」
望みは遠く未来ではなく、今どんどん叶っている。

様々なスピリチュアルな助言を
自分の都合の良いように解釈しているだけかも知れませんが、
心羽さんの導きも、
斎藤一人さんのお話しも、
奥平亜美衣さんの世界も、
すべて、今私のためにあります。
(あ、梵もかな?)

一人さんの言葉は分かりやすいです。
シンプル・端的です。
心羽さんの言葉は難解です。考えさせます。
奥平さんの言葉は心地よいです。
僕が理解できるように、様々なアプローチをしてくれます。

現実も
これでもか!と言うほど、
考える・学ぶ機会を与えてくれます。

最近は、その教えも優しくなって来たように感じます。
僕の向かっている方向・思いが落ち着いて来たのでしょうか?

世の中、本当にこんなにシンプルで良いのですか?

この景色も気付いたら
小学生の時に憧れた近所のお兄さんの部屋
いや、それ以上の充実

僕がボヘーっとしてる間に、
皆が僕の夢を叶えてくれていた。

お金が欲しい!って騒いでたら、
求めていたモノ以上の世界を提供してくれる。

さて、あとは自身の行動ですね。

私自身は皆に何を与えていますか?
与えられますか?

「あー、良かった?」と思いながら
この世を去るために。